商品情報にスキップ
1 7

雪鶴〈ゆきづる〉2種詰め合わせ 18個

雪鶴〈ゆきづる〉2種詰め合わせ 18個

冷蔵配送
のし可
包装可

通常価格 ¥3,420
通常価格 特別販売価格 ¥3,420
特別販売価格 ご好評につき完売いたしました
(税込) 配送料は購入手続き時に計算されます。
もりもとの地元・北海道千歳市にはその昔、鶴が多く生息しており、「鶴は千年」の故事にちなんで、「千歳」と命名されたと伝えられています。 当時の鶴の降り立つ風景に思いを馳せた菓子職人が、千歳の銘菓をとの思いを込めて「雪鶴」は生まれました。 ふんわり軽い口あたりのブッセで、特製のまろやかなバタークリームをはさんだお菓子は、発売から40年以上幅広いお客様に愛され続ける、もりもと自信のロングセラーです。


【内容量】
■ばたーくりーむ 12個
■ハスカップ 6個

【保存方法】
直射日光、高温多湿を避けて27℃以下の涼しいところで保存してください。

【賞味期限】

14日

【原材料名】
■ばたーくりーむ
小麦粉(国内製造)、砂糖、液卵、バター、プロセスチーズ、粉糖(砂糖、コーンスターチ)、卵、食塩、食物繊維(でん粉分解物)、食用卵殻粉/膨張剤、乳化剤、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・卵・乳成分を含む)

■ハスカップ
砂糖(国内製造)、小麦粉、液卵、バター、ハスカップ、あんずジャム、粉糖(砂糖、コーンスターチ)、卵、水あめ、食物繊維(でん粉分解物)、食用卵殻粉/膨張剤、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、香料、酸化防止剤(V.C)、(一部に小麦・卵・乳成分・りんごを含む)

【アレルギー表示(28品目中)】
■ばたーくりーむ
小麦・卵・乳成分

■ハスカップ
小麦・卵・乳成分・りんご

詳細を表示する

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
香取薫さん
最高に味が良い!ブッセ生地もクリームも、おいしい♪

まあるい焼き生地でクリームやジャムを挟んだこのスタイルのお菓子、昔からいろいろなものがありますね。なんだか懐かしい一種の定番と言えると思います。子どもの頃に頂いた菓子折りというか、帰省土産のイメージですね。
それはそれで美味しいのですよ、でもこの「雪鶴」は中身がほんとーに、侮れない。

まず生地。これがもうほぼダックワーズなんです。粉がふいた表面にわずかにサクッと歯があたり、そしてそれなのにスポンジ部分がパサパサしてないんです、しっとりとも違うけど好みな生地です。ベトッともしないし甘すぎないし。
そしてバタークリーム。はい、私はバタークリーム好きですからね、ちょっとうるさいですよ。
まず塩味がちゃんと効いてないといけないの。甘いだけはいけません。
この雪鶴のバタークリーム、実はチーズクリームなのですがチーズのしつこさがありません。そういえばチーズが濃厚さを増しているかも?というくらいでそこがまた大好きです。
そしてすこーししかバタークリームが入ってないちょっと残念商品には私は怒ります。バタークリームとはね、厚みがあってある程度の量があってナンボなものなんです。その点雪鶴はしっかりした量がブッセ部分にちょうど釣り合う満足量で入っています。そのときクリームの甘さの中の塩味がまた良いのですねー。
あと、雪鶴にもう一種類ある味が・・・甲乙つけがたいので今回のオススメは二種類の詰め合わせ!
メーカーさんの地元北海道千歳ならではの、ハスカップです。
色は綺麗な赤紫色で、さわやかに酸っぱい。
この酸味をバタークリームにするのって天才。本当はこれ、何個でもイケます、そうハスカップって怖い(笑)
では最後にとっても大事なことを伝えますね。バタークリーム好きさんたちには必要ないアドバイスかもしれませんが、必ず冷やしてから食べてください。バタークリームってダレていると台無しなのです。ブッセ生地をかじるときに真ん中にある、柔らかいけど歯に当たる存在感が大切。
本当に両方おすすめなので是非詰め合わせでどうぞ!2~3倍の値段のケーキよりも私はこれが好きです!

出典:おとりよせネット

CUSTOMER rEVIEW

お客様の声

カスタマーレビューはこちら

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
香取薫さん
最高に味が良い!ブッセ生地もクリームも、おいしい♪

まあるい焼き生地でクリームやジャムを挟んだこのスタイルのお菓子、昔からいろいろなものがありますね。なんだか懐かしい一種の定番と言えると思います。子どもの頃に頂いた菓子折りというか、帰省土産のイメージですね。
それはそれで美味しいのですよ、でもこの「雪鶴」は中身がほんとーに、侮れない。

まず生地。これがもうほぼダックワーズなんです。粉がふいた表面にわずかにサクッと歯があたり、そしてそれなのにスポンジ部分がパサパサしてないんです、しっとりとも違うけど好みな生地です。ベトッともしないし甘すぎないし。
そしてバタークリーム。はい、私はバタークリーム好きですからね、ちょっとうるさいですよ。
まず塩味がちゃんと効いてないといけないの。甘いだけはいけません。
この雪鶴のバタークリーム、実はチーズクリームなのですがチーズのしつこさがありません。そういえばチーズが濃厚さを増しているかも?というくらいでそこがまた大好きです。
そしてすこーししかバタークリームが入ってないちょっと残念商品には私は怒ります。バタークリームとはね、厚みがあってある程度の量があってナンボなものなんです。その点雪鶴はしっかりした量がブッセ部分にちょうど釣り合う満足量で入っています。そのときクリームの甘さの中の塩味がまた良いのですねー。
あと、雪鶴にもう一種類ある味が・・・甲乙つけがたいので今回のオススメは二種類の詰め合わせ!
メーカーさんの地元北海道千歳ならではの、ハスカップです。
色は綺麗な赤紫色で、さわやかに酸っぱい。
この酸味をバタークリームにするのって天才。本当はこれ、何個でもイケます、そうハスカップって怖い(笑)
では最後にとっても大事なことを伝えますね。バタークリーム好きさんたちには必要ないアドバイスかもしれませんが、必ず冷やしてから食べてください。バタークリームってダレていると台無しなのです。ブッセ生地をかじるときに真ん中にある、柔らかいけど歯に当たる存在感が大切。
本当に両方おすすめなので是非詰め合わせでどうぞ!2~3倍の値段のケーキよりも私はこれが好きです!

出典:おとりよせネット

RECOMMEND

あなたにおすすめの商品

ご一緒にいかがですか?